鈴木ヒナの前世(中の人)は松下と判明。

光太郎

今回は、独自路線で突っ走ってきた鈴木ヒナの前世(中の人)についてまとめてもらったよ!

人気vtuberでチャンネル登録者50万人ごえの大手vtuberになっているけど、実は松下。って歌い手だったことが発覚したんだ。今回は、松下。の顔写真も探してもらったから確認してみてな!

鈴木ヒナの前世(中の人)の松下。の顔写真や歌い手の情報を調べてもらったから見てみて!

鈴木ヒナの前世(中の人)は松下だったみたい。

人気バーチャルユーチューバーとして活躍している鈴木ヒナさん。終始テンションが高(すぎる)トークや、そのクオリティの高い歌唱などが人気で、相方の田中ヒメと一緒に「ヒメヒナ」として話題になっています。

田中ヒメと鈴木ヒナといえばVtuberの仲でも多くのファンを獲得していますので、気になるのが前世(中の人)が誰か?というところですよね。相方である田中ヒメさんは前世(中の人)が誰なのかほぼ特定されています。

それと同様、鈴木ヒナさんの前世(中の人)もすでに判明しています!その方は田中ヒメさんの中の人とおなじく、歌い手をしている女性・「松下」さんです!

鈴木ヒナさんはそのキャラクターのみならず、高い歌唱力で一気にブレイクしました。そして前世(中の人)とされる松下さんも、その歌唱力が大絶賛されています!

https://twitter.com/burian_30/status/1189098797764202496?s=20

このようにネット上ではすでに鈴木ヒナ=松下である、と広まっているようです!

 

鈴木ヒナの前世(中身)は人気の歌い手だった!

鈴木ヒナさんの前世(中の人)と言われている松下さんは、歌い手として活動しています。歌い手としてこれまでかなりの数のライブや、イベントを開催しているようです。

もともとはニコニコ動画で「○○歌ってみた」という動画をアップしたことがきっかけで、初投稿は2008年9月の「『RAINBOW GIRL』を+5で歌ってみた。」でした。そして2013年にメジャーデビューし、それからもアニメ・ゲーム音楽を中心に歌っています。

また、原宿系ファッションブランド”gimme geek!!”を設立し、プロデューサー兼モデルとして活動しています。プライベートではかなりのゲーマーで、YouTubeでゲーム実況動画をアップしています。

そのYouTubeチャンネルは歌の動画やゲーム実況がメインですが、実況動画では話している声も聞くことができ、「鈴木ヒナにそっくり」といわれています。

たしかに動画を比べてみると、かなりそっくりですね!これは本人で確定でしょうw鈴木ヒナさんは過去に「仮面ライダーが好き」と公言しており、松下さんもおなじく仮面ライダー好きなんです。

話し声や歌声がそっくりというだけでなく、どちらも仮面ライダーが好きということから、中の人は松下さんだと言われています。実際歌い方もかなり似ていますし、公言はしていませんがほぼバレていますね(笑)

 

歌い手の松下の顔写真は?

歌い手である松下さんの顔写真はツイッターなどで見ることができます。顔画像を見てみると、とってもかわいいですよね!鈴木ヒナさんがとても可愛いので、中の人が可愛いのも納得です。

顔バレしていても中の人が可愛いということで、ファンはさらに盛り上がっているようです!鈴木ヒナさんの前世(中の人)が松下さんという根拠をまとめると・・・

根拠①:ハスキーボイスや話し方が一緒

鈴木ヒナさんといえば特徴的なハスキーボイスがとてもセクシーで、声音にあわせた喋り方も高評価されています。松下さんのゲーム配信の声を聴いてみると、同じように若干かすれているハスキーボイスで、喋り方も鈴木ヒナさんにそっくりです。

根拠②:仮面ライダー好きが一緒

鈴木ヒナさんも松下さんも「仮面ライダー好き」というところが一緒です。鈴木ヒナさんの好きな映画は「仮面ライダー平成ジェネレーション」で、松下さんは「仮面ライダー・オーズ」シリーズが好きと公言しています。

根拠③:田中ヒメとの関係

鈴木ヒナさんといえば相方の田中ヒメさんと仲良しで有名ですよね。そして松下さんも、田中ヒメさんの中の人と仲良しなんです!田中ヒメさんの前世(中の人)といえば歌い手の”あやぽんず”として知られていますが、松下さんのゲーム配信動画にも登場し、一緒にプレイしていました。

「ヒメヒナ」の2人の中の人がそれぞれ仲良し・・・これはある意味当然ですよね。ツイッターでもどちらかのツイートをリツイートしあっていたりと、これは確信的ですね!ファンの皆さんはたとえ中の人がバレバレでも、どちらも好きだからあまり気にならないようです!

 

人気Vtuber・鈴木ヒナとはどんな人?

https://twitter.com/HinaSuzuki_HH/status/1240207073326985217?s=20

鈴木ヒナさんは2018年5月29日よりVtuberとしての活動を開始しました。先に相方の田中ヒメさんがデビューし、鈴木ヒナさんがその後を追ってVtuberデビューしました。

そして今の「ヒメヒナ」というユニットが誕生しました!2人ともチャイナ風の容貌をしており、田中ヒメさんは「赤」をモチーフとしたデザインで、鈴木ヒナさんは「青」をモチーフとしたデザインです。

鈴木ヒナさんはとてもおっとりとした性格で、終始ハイテンションな田中ヒメさんを制するようなポジションに見えがちですが、実は鈴木ヒナさんもかなり自由に楽しんでいます(笑)また鈴木ヒナさんはかなりヲタク気質で、二次元が大好き

好きなアニメを挙げると、凪のあすから、輪るピングドラム、steins;gate、ソードアート・オンライン、コードギアス・・・・とキリがないくらいです(笑)丸一日中オンラインゲームやソシャゲをして、大好きなアニメを見て過ごすといった陰キャな一面もあります。

ちなみに鈴木ヒナさんがデビューした当時はそのビジュアルがとても好評で、デザインが田中ヒメさんより好きだという意見もあるほどでした。ハイテンションな相方・田中ヒメさんは動画の半分くらいが田中ヒメさんの笑い声で終わってしまうほどの勢いなので、鈴木ヒナさんがそれを鎮圧してくれるのでは?という期待が当初持たれていました。

たしかに田中ヒメさんに比べれば、鈴木ヒナさんのほうが大人しく落ち着いた雰囲気があります。しかし田中ヒメさんほどうるさくないだけで、元のノリは同じということで、なだめるツッコミ役がいないという結果に(笑)

鈴木ヒナさん自身はツッコミ担当と自負しているようで、「いつもつっこんでいる(つもり)」と主張していました!このように2人の世界がかなりゆる~く独特なので、そのワールドにハマる人が続出していったみたいです!

ヒメヒナの目標は歌でアニメ出演をかなえることと、チャンネル登録者数を増やして人気Vtuberになることです。後者はすでに叶えて人気Vtuberoとなっているので、アニメ出演も夢ではないですね!

ヒメヒナがデビューしたときに配信した『魔法少女まどか☆マギカ』の『コネクト』を歌う動画も人気で、2人の歌唱力を世に知らしめました。Vtuberのチャンネル登録者数は56.6万人と、バーチャルYouTuberの中でもかなり上位にランクインしています!

 

鈴木ヒナと田中ヒメの関係は?とても仲良しと評判!

2人が投稿している動画はかなり幅広く、ゲーム配信やバラエティ系、そのほかにも歌ってみた系が多いです。MV付きの歌ってみた動画はかなり人気で、そのクオリティはVTuberの中でもトップレベルだといわれています!

歌唱力はプロの歌手よりうまいのでは?とまで言われており、思わず聞き入ってしまうほどです!鈴木ヒナさんの特徴としてはガチのアニメヲタクということが挙げられます。

好きなアニメをリスナーに聞かれた際は、50タイトルくらいを延々と挙げていってそのタイトルを一度も噛むことなく言っていました。筋金入りのアニオタであることがわかり、普段ハイテンションボケ担当の田中ヒメさんまでも、「あっ…」「うん…」「お、OK…」と、鈴木ヒナさんの勢いに圧倒されていました。

また鈴木ヒナさんは強い女性が好きで、動画内でブラック・ラグーンのロベルタに対して尋常ではない愛を語っていました(笑)そんなヒメヒナはVTuberアニメ「バーチャルさんはみている」に出演し、普段配信している動画と同じく2人がじゃれあっている姿を見ることができます。

2人の専門コーナーである「ケリンスレイヤー」も人気で、ヒメヒナで「バーチャルさんはみている」のエンディングテーマも歌っています。その曲もかなりクオリティが高いと評判で、実際に購入する人も続出しているそうです。

そしてなんといってもヒメヒナの魅力は、本当に仲がいいということですね!鈴木ヒナさんが単独で配信している際も、オフの日の田中ヒメさんに電話をかけたりしています。

するとコンビニでアイスを買っていた完全にオフな田中ヒメさんに電話が繋がり、その距離感がすごいのです。いわゆる女性同士の恋愛未満の関係(百合など)が好きなファンには、かなりグっとくるようです。

普段のボケとツッコミというヒメヒナの姿ではなく、オフということでかなりリアルな距離感だそうです。そのため2人は普段から仲が良く、自然にこのような会話をしているのかなあ、という想像ができます。

https://twitter.com/HinaSuzuki_HH/status/1234067018946510850?s=20

「ヒナアイスなに食べたい?ヒメハーゲンダッツにしようと思ってる」「私しろくま食べたい」「じゃあこのまま電話繋いじゃおうよ」とう平和でほのぼのした会話に仕上がっています。またほかにも田中ヒメさんが電話をかけた際に鈴木ヒナさんがお風呂に入っており、そのまま会話を続けるというすごいシチュエーションも(笑)

バーチャルのど自慢」では、2人が時々一緒にお風呂に入っていたりとかなりリアルな日常を暴露するなど、ほかのVtuberにはない距離感で配信してくれます。これはVtuberファンにはたまらない内容になっていますね!チャンネル登録者数がどんどん増えるのにも納得です!

大人気Vtuberの「ヒメヒナ」。これからもVtuberの先陣をきってたくさん面白いコンテンツを配信してほしいです!

 

光太郎

しっかり、ヒメヒナのプロモーションも入れてくれるいい調査員だったなぁ・・・。光太郎も楽できるぜ(笑) 鈴木ヒナの記事もあるから見てみてな!!

 

君もライバーにならない?

にじさんじ、ホロライブのメンバー見てると自分もライバーになりたいなって思うよな!

 

でも、みんな前世で経験があって今からオーディションは辛いって考えちゃってない?

 

光太郎も、バーチャルライターでご飯が食べていけるくらいになったのはみんなと違うことをしたからなんだ!

 

今から、YouTubeやニコニコで配信しても時間はかかるしライバルも多い・・・じゃあどうするのって?

 

ライバルのいない、簡単なところで実績を作ればいいんだよ!「ハクナ」って配信アプリ知ってる?たぶん、ほとんどの人が知らないと思うw

 

でも、有名なサービスである必要はないんだ!大事なことは人を「惹きつける事」ができることを証明すればいいんだ!

 

ライバルが多いYouTubeなんかで、100番目は確かにすごい。でも、ライバルが少なくても1番の方が商売を考えたらいいんだ。

だって、「絶対に稼いでくれる」から。

 

難しいところで頑張るよりも、可能性が高いところで頑張ろうぜ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)